漢字辞典
漢字を検索
  1. 漢字辞典 >
  2. 漢字の豆知識 >
  3. 「恨む」「怨む」「憾む」の違い

「恨む」「怨む」「憾む」の違い

スポンサードリンク

「うらむ」という言葉がありますが、漢字で表した場合、「恨む」「怨む」「憾む」などが思い浮かぶと思います。ではそれぞれにはどのような意味があり、どう違うのかを考えていきたいと思います。

恨む」は、「うらめしく思う」という意味で使われます。「親を恨む」「成功者を恨む」という使い方をします。

怨む」は、「あだに思う」という意味で使われます。「犯人を怨む」「担任の先生を怨む」という使い方をします。

憾む」は、「残念に思う」という意味で使われます。「自分の未熟さを憾む」「運の悪さを憾む」という使い方をします。

このように読みは同じですが、異なる漢字のものを同訓異義といいます。「恨む」と「怨む」は似たような意味ですが、怨むのほうがより思いが強いです。

漢字の豆知識一覧へ
漢字辞典TOPへ

漢字一覧

漢字を検索

漢字の知識

漢字の問題

名前に使える漢字

漢検

当サイトについて

漢字関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2012 - 2017 漢字辞典 All right reserved