漢字辞典
漢字を検索
  1. 漢字辞典 >
  2. 漢字の豆知識 >
  3. 「熱い」「暑い」の違い

「熱い」「暑い」の違い

スポンサードリンク

「あつい」という言葉がありますが、漢字で表した場合、「熱い」「暑い」「厚い」などが思い浮かぶと思います。特に「熱い」と「暑い」は意味が似ていて、使い分けに迷う方もいるかと思います。ではそれぞれにはどのような意味があり、どう違うのかを考えていきたいと思います。

熱い」は、「物の温度が高い」「体温が高い」「感情が高まる」とという意味で使われます。「風呂の湯が熱い」「からだが熱い」「熱い思いを伝える」という使い方をします。対義語は「冷たい」です。

暑い」は、「気温が高い」いう意味で使われます。「暑い夜が続く」「蒸し暑い部屋」という使い方をします。対義語は「寒い」です。

使い分けで迷ったら、上記に記載している対義語を参考にするとわかりやすいと思います。
例として「暑い夜が続く」を、反対の意味に置き換えると「冷たい夜が続く」と「寒い夜が続く」となります。この場合正しいのは、「寒い夜が続く」ですが、このように対義語から考えるとわかりやすくなります。

他にも「厚い・篤い」などもあり、「厚い」は「あつみがある・人情にあつい」という意で、「篤い」は「病気が重い・人情にあつい」という意です。
このように読みは同じですが、異なる漢字のものを同訓異義といいます。

漢字の豆知識一覧へ
漢字辞典TOPへ

漢字一覧

漢字を検索

漢字の知識

漢字の問題

名前に使える漢字

漢検

当サイトについて

漢字関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2012 - 2017 漢字辞典 All right reserved