漢字辞典
漢字を検索
  1. 漢字辞典 >
  2. 漢字の豆知識 >
  3. 「開ける」「空ける」「明ける」の違い

「開ける」「空ける」「明ける」の違い

スポンサードリンク

「あける」という言葉がありますが、漢字で表した場合、「開ける」「空ける」「明ける」などが思い浮かぶと思います。ではそれぞれにはどのような意味があり、どう違うのかを考えていきたいと思います。

開ける」は、「閉じていたものあける」という意味で使われます。「戸を開ける」「店を開ける」という使い方をします。

空ける」は、「からにする」「中身をなくす」という意味で使われます。「家を空ける」「予定を開ける」という使い方をします。

明ける」は、「あかるくなる」「終わる」という意味で使われます。「夜が明ける」「梅雨が明ける」という使い方をします。

このように読みは同じですが、異なる漢字のものを同訓異義といいます。

漢字の豆知識一覧へ
漢字辞典TOPへ

漢字一覧

漢字を検索

漢字の知識

漢字の問題

名前に使える漢字

漢検

当サイトについて

漢字関連サイト

スポンサードリンク

Copyright (c) 2012 - 2017 漢字辞典 All right reserved